« 夢の物語  眠りに落ちる前に・・・。 | トップページ | 鬱から起きたら、スイカと蚊と蚊取り線香 »

2011年5月31日 (火)

拓郎

たくろうが好きなんです、といっておきながら拓郎のことを書いたことがなかった。(^^; )

ぐったりとした気分でいたので、夕ご飯の後の一日一回の通常は、一錠と決められている抗ウツ薬も二錠飲んだ。 沈みがちの時には二錠にして試してみて・・と主治医から指示を受けているためである。 

自室に戻り、音楽を聴こう、、と思って。拓郎の声がいいと思った。最近の拓郎の声が聴きたいと思った♪ アルバム 「午前中に・・・」 実は聴くのはかなり久しぶり。冒頭の、

「がんばらないでもいいでしょう♪~」の拓郎の声にとても気持ちが落ち着いてくる。

二曲目の「歩こうね」で両目から涙がこぼれた。拓郎と共に、歩いてきた。 

出会いは、18か19の頃。それからはずっと拓郎といっしょだ。 両親とも気持ちを繋げないと、投げやりになって孤独ばかり集めていた夜でも、拓郎さんとはいっしょだった。

いっしょに 人間なんて~~と、叫んだし、準ちゃんに恋をしてもがく歌も歌った♪

実は拓郎さんのことはオンタイムではまるっきり知らない。75年のつま恋の時には、母のお腹の中にさえいなかったのだから c(>ω<)ゞ

でも、たくろうがいなかったら今自分が生きているかどうかも分からないとも思う。

2000年、当時入っていたファンクラブのファンミーティングで実際に会うことが出来た、拓郎さん。握手をしてもらった手が、ギターを弾く人とは思えないほど柔らかかった拓郎さん。

言葉にして語るなんてバカなことに思えるほど大好きです。愛してるよ、拓郎^^

« 夢の物語  眠りに落ちる前に・・・。 | トップページ | 鬱から起きたら、スイカと蚊と蚊取り線香 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

拓郎。。。いいですね~~
私も結構聞きましたよ。ギターを覚えたのも
拓郎・揚水・小椋圭の影響です。
拓郎の字余りソングに指がついて行けなくて・・・(笑)
最近時々、カーペンターズが懐かしくなったりしていますよ。

こんばんは。
先日パソコンのデータ移行をしていたら、70年代のデジタル音源が数百曲出てきました。
拓郎、陽水、かぐや姫、赤い鳥・・懐かしい曲を聴きながら書いています。

拓郎は子どもの頃よく耳にしました。オンタイム世代です^^
歌詞の色っぽさにドキドキしながら旅の宿とか聞いてた記憶があります。ふっと肩の力が抜けた感じが和むんですよねぇ。

そういえばユーミンも昔デビューした頃は「女拓郎」とか呼ばれてたなぁ。シンガーソングライターがまだまだ珍しかった時代です。

ムーミンママさん、こんにちは。
拓郎さん、よく聴いていたんですね
うれしいなあ^^ たくろう&ようすいって名前が
上がるだけで嬉しくなります。
ほんとに単細胞です(笑)
あの時代の風・・・。後から拓郎を通して感じるだけですが、
なにか羨ましく思うものもあります。
君の髪が肩まで伸びたら、結婚しようよ♪
当時、聴いたらどんな想いになったでしょう・・
来世では拓郎のせめて恋人・・無理かw
女友達にはしてほしいです ( ´艸`)プププ

いっせいさん。こんにちは。
コメント頂いて有難うございます!

拓郎、陽水、かぐや姫、赤い鳥ですか^^
どれもいいですね~。 
遠い世界に・・・は、五つの赤い風船でしたっけ?
力をあわせて生きることさえ今ではみんな忘れてしまった・・・
だけど、僕たち若者がいる。
今この歌詞の言葉が強く胸に響きますね。♪~

小菊さん、こんにちは。
コメントありがとうございました^^
子どもの頃よく聴かれていましたか
旅の宿も、結婚しようよ、、もほんとに
いい曲です。
わたしは、拓郎さんの歌を数多く作詞している
岡本 おさみさんの詞が好きで、一時は
作詞家に憧れもしました。
「花嫁になる君に」という歌はご存知でしょうか?
岡本さんの作詞、拓郎さんの作曲で、
わたしはこの歌で作詞家に一時本気で憧れました^^

こんにちは、インターポットで発見しました。
私はちょっと遅れたリアルタイムの拓郎世代です。
’75年のつま恋の時は・・・中学3年で、親に止められて行けませんでした。

長野市の駅前に「拓郎age」という店ができまして、やっと長野にもフォーク酒場が
できたぞ~って言う感じです。
こちらに来る機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

HPのリンクです。
http://takuroage.com/

よろしくお願いいたします。

こんにちは。ブログに来て頂いてうれしいです^^
ありがとうございます。
拓郎を語りあえる人の存在は大歓迎
ステキなおじさまだと尚尚 (・∀・)イイ!です(笑)
拓郎さんを知ってから、今までずーっと歌を聴き続け
ラジオでは笑い、でも一度もたくろうに失望もしないし、
飽きたこともないのです。
長野でお酒とともに拓郎話で三軒お店
飲み倒せませーーんw そんなに飲めないものw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拓郎:

« 夢の物語  眠りに落ちる前に・・・。 | トップページ | 鬱から起きたら、スイカと蚊と蚊取り線香 »