スポーツ

2014年9月12日 (金)

プール ・体力作り・

P9120251_3 9月12日、週の後半金曜日。

きょうもプールへ行く気持ちでいたけど、週半ばから調子は下降してしまい・・ 

そしてまた、過眠傾向が顕著に出てしまい 、寝てる時間の多い生活に戻ってしまいました。

また、立て直しです!! 少しずつ回復を図り頑張ります。

写真は、プール通いを始めるにあたり新調した水着です 

プールにいこう!って決めたのもある意味突飛な行動だったような気もするけど、(笑)

だって、泳ぎが得意なわけでも・・・、むしろかなずちなわけで 

でも、泳ぐより「水中ウォーキング」 

をやってみたかったのがほんとのところです。

実際、いったみたプールでも「ウォーキング」の専用レーンがちゃんとあって、泳ぎの方と区切られていました。

そして「水中ウォーキング」をしてるかたもそこそこの数いました。^^

見て観察していると、まっすぐ前に歩いていくだけじゃなく後ろ向きに歩いて見たり、

また、蟹さんみたいに水を大きく掻くようにしながら横向きに歩いていったりするなど、

「あ~、なるほど!工夫してる」 「工夫次第でいろいろ出来て楽しめそう^^」って、

思いました。 

子ども時代、夏休みなどおもに父と出かけたお遊びのプールではたのしかった 記憶が

あるけど、学校のプールはそれほど楽しくなっかたのが本音です。

競争させられたり、早く泳ぐようなことは苦手で、『水泳大会』などはイヤでした。 

気温が低く、水温が冷たいプールの日は水の中に入っても10分もすれば、唇が紫になってしまい、

となりのクラスのぜんそくで体の弱い子たちなんかと、プールサイドで震えているようなホントに

ひ弱な子だったのです。

でも、今回大人になって(笑) 相変わらずのひ弱っこだけど、プールの(水の)中にいることが

思いの外、気持ちよくてそれはすごく素敵な発見でした。

プールの水は「これぞ快適^^」っていう温水。 

プールから出れば、温浴施設もあり、水着脱水機まであり! 

環境が抜群でしたね。o(*^▽^*)o 

真の目的・・、ダイエットにもちゃんとつながるよう通うことを続けます!

2011年6月30日 (木)

テニス ウィンブルドン

この季節こころ踊るスポーツといえばわたしは、テニス。ウィンブルドンです 

とくに特別なテニスの王子様が ロジャー フェデラー選手 (スイス)です^^

フェデラーのテニスに魅せられてからもう今年で7年目くらいになるのかな・・・。

芝のコートを得意とし、「芝の王者」と言われてきました。 その名にふさわしい、

ウィンブルドンでの今まで6回の優勝を誇り、そのうち五連覇(5年連続しての優勝という偉業もなしているフェデラー) ただ強いから、誰よりもかっこいいから好きなのではなく、

フェデラーのこれまで優勝した試合などを見ていると、自分を信じ切ることの強さ、または自分を信じきった人間の発揮できる真の強さ・・・ 王者の風格。そういうものを感じることができるのです。

数々の感動の夏、テニスの夏。東京の空。テレビで見ているところから遥かに遠いウィンブルドン空の下でコートに立つ、フェデラーの雄姿にたくさんの感動をもらって来ました。

しかし、昨年今年とフェデラーはベスト8どまりで終わりました。 王者が決勝にいないウィンブルドンなど私には淋しくてたまりません。

昨日のプレーも真夜中までテレビで観戦していたけれど、フェデラーの自分を信じきったプレー、思い切ったプレーが後半は見られないと思いました。 もちろん相手の選手が素晴らしかったし、その流れは完全に相手選手に取られていってしまったように思えます。

でも、私はいつもフェデラーの背中を応援しています 

また来年の雄姿を! 感動のテニス。 カモーン! ! ! のガッツポーズを待っています。