心と体

2015年3月10日 (火)

充電期間

ウツでした。そんなにどん底までは落ちないものの、心も身体の活動も静かに鈍くなっていました。

前回はっきりしたウツ症状だったのは昨年の12月だったので、3か月は好調を維持できていたことになります。

その間かなり頑張り、踏ん張りもきいたし、自分ではよく倒れないでここまでこれたという思いもあります。

木曜日から、身体の疲れが・・「ピークまできたな」って感じがあって、そこから心のスピードも落ちていって、

金曜日はデイケアでワードの勉強や、午後も大事な話し合いのある日だったのに行けませんでした。

くすりのことでいえば、金曜日から通常朝1回の『サインバルタ』を2回に増やして様子をみています。

デイケアをお休みした日にデイのともだちからメールをもらいました。うれしかったです。

友だちだってありがたいですね!(^^♪ 

ウツで動けない時は寝ています。明らかな過眠です。 夢は絶えず見ているので、

夢の物語で夢うつつでとろとろとしています。

人が働いてる時間にただ、寝てばかりいて惰眠をむさぼるだけのわたしなのかなって

思うけど、

『充電期間』なんです。Photo


自分ではそう思っています。電池が切れちゃうって感覚がウツの時にはすごくあります。

電池が消耗すれば充電すればいい。sign01 使えば物は摩耗していくんだし、あまりにイヤな

ことやつらいことが続けば心も身体も擦り切れていってしまう。

絶えず擦り切れていた時代というかそういう時もありました。すごく孤独でした。

理解されない・・ということはすごく大きな痛みになるものです。

同じ目の高さで見てくれる人、ことばで投げつける行き場のない気持ちをわかってもらえないと何度も、幾夜も絶望してました。

絶望を救うのはやっぱり希望なのかな。今はウツに落ちても絶望は感じないです。

一番おおきいのは『なんでも話せる相手』ができたことです。心を開けること。

弱いところもバカな部分もすべて見せられる。相手も見せてくるから自分だけが弱くて

バカなわけじゃないと安心もできる。

出会いで変わりますね、ホントそう思います。このブログを通してもそう思います。

春は出会いと別れの季節でもあります。

ウツちゃんとはお別れ(バイバイ~~paper)できないにしても、もっと身軽くなりたい!

気にする症候群みたいなものがひとつの癖でいつも肩先あたりに乗っかっていますcoldsweats01

鳥ちゃPhoto_2


が乗っているなら可愛いんだけど、(^^;)そうではないし、

気に病むんです。すぐに。この癖からそろそろ卒業したいcherryblossom「春」です。

2011年6月 9日 (木)

鬱から起きたら、スイカと蚊と蚊取り線香

昨年の11月後半にあった大きな鬱以来の、大波が立って周りに迷惑をかける鬱で寝込んでしまった。 時々こうなることは、今でも自分の力ではコントロールが上手く出来ない。

色々な要素は複合的に絡んでいて、自分の思考だけでは解決に結びつかないし、すこしずつ力が付いてきている部分もあるけれど、まだ何かが尾ひれを付けて重たく私から離れていこうとしない。 勉強でも、(高校は定時制へ行った)いつも自信のない私に、とくに数学は走って逃げたいほどキライだった(´・ω・`)ショボーン 非常勤のある先生はこう言った。 

「バカだもん、全然わかんないよ」 「そうじゃないでしょ・・・」 「バカだからわからないんじゃない、来たな、、勉強が進んだな・・と思うと来なくなる」 「間が抜けるからわからなくなるんだよ」 そう言ってくれた。 バカじゃない・・と言われて、その先生に懐いた^^ バカなほど単純な性格なのです(笑) そして、職員室でその先生のいる日は、隣に座って勉強した。問題で迷子になっても先生の肘をつつけばいいだけ^^、、 「ここ、、どっちだっけ? マイナスで計算するよね??」 無言の先生は、顔では答えている。れっきとしたコミュニケーションの中での勉強である。 

わたしは、安心感のある中でとても自由になる。 言いたいことが言えるし、自分らしく振舞えるのだ。私を勉強のできないバカだとは言わなかった先生に、私は数学の楽しさをちょっぴりでも味わうことを教えてもらった。今でも感謝している。ありがとね、せんせい。

そして、鬱から起きて家族で夕食。母がお花の手入れで玄関先に出ている間にわたしは、片付け。二階でPCに向かっていたら、初もののスイカを持って来てくれました。

蚊に食われてる~、、と言ったから蚊取り線香を出してきてくれてセットしてくれた母^^

今回も迷惑と心配ばかりかけてごめんね。 そして、ありがとう。

ここが一番わたしらしくいられるひとつの広場です。

2011年4月11日 (月)

主治医の先生^^

先週金曜日は主治医の先生の診察でした。南青山まで、出かけます^^   

このごろはずっと午前中最後の予約11:30~からがお決まりの約束時間で、お昼をその日の気分でなにを食べるかもrestaurant 楽しみのひ・と・つw 

前回の診察の時がちょうど地震の起きた日で、・・・゜「大変だった? どうだった・・・」 と先生とも話題になりました。  主治医の先生はいつもニコニコしてるw  ニコニコおじさんで、決して険しい顔や、こちらが嫌な気分になることも言いません。 わたしも全面的に先生を信頼しており、良好な関係だと思っています^^ 

また、なにより先生には、(わたしの何でも言いたがりな性格もあるけど( ´艸`)プププ  ) 率直にものが言えます。 昨年11月に、ほんとに今では滅多に起こさなくなったオーバードーズをしたことも話しました。 その結果、長らく続けていた気分安定薬は取りやめとなり、その代わりに飲み始めた新しい抗うつ薬が、最近ではいい調子を維持するのに適するようです。 

待合室に、(ちなみに絵本がたくさん置いてあり、それも(・∀・)イイ!楽しみ^^)先生自ら戸を開けて、名前を呼びかけて下さいます。 はぁーい、、「 失礼しまーす^^ 、こんにちは」

机に肘を乗せるいつもの格好を先生はして^^  「どう? 調子は・・・」 うん、あのねえ・・・

いつもの診察室。てきめんに効く注射も点滴もないけどw   先生とわたしの和んだ空気がいつもある。 そんなもう通い慣れた場所です。 さあ、お昼は?  パスタか、中華か、はたまた次回は5月・・ オムライスを買って銀杏並木のベンチで、スズメちゃんたちにもごはんを分けてあげながら外ランチかなrestauranthappy01  

2011年2月24日 (木)

肌の調子いい!

もう何年も月一のペースで皮フ科へ通っている。肌(顔に)時にはかなり強い炎症を起こしてしまうために・・・。゜゜(´□`。)°゜。  

洗顔してもひどい時には肌がごわごわして感じられる程で、、女性としては悲・・としか思えず、、気分も余計晴れなくなる。 

お化粧も基本的に出来なくなり、哀しい気もするけど・・すっぴんは^^  楽ちん! 

街へ行くにも眉墨を引き、、真っ赤なお気に入りの紅を軽く乗せればすぐに準備OKなのだ^^ 

春、秋は毎年肌荒れに悩まされる。 花粉の飛散がどうも肌に来るらしい。

それと季節の変わり目ということで、、敏感になるみたいです。 副腎皮質ホルモン剤入りのそれほど強くない、外用薬の塗布でいつも乗り切れている。

今日現在、、お肌は快調でそれだけでもうれしいhappy01

2011年2月21日 (月)

首を捻挫したみたい

どういうわけか悪夢を見て、、起きて食事をしていた時から首に違和感が。。その内に痛みが強くなり、近くの整骨院へ。。捻挫みたいなものでしょう、、との診断。 痛い首を庇うせいか、頭の重みを感じ、なんともいい難い感じです。゜゜(´□`。)°゜。 ただ先生が爽やかなイケ面で、おまけに病院にはわたしの大好きなわんちゃんがいるのですdog 多分コリー犬かな。 痛みの中で癒してくれる、、そこの病院のアイドルちゃんの存在は大きい^^